これから太陽光発電の導入の方は是非ご一読ください。

太陽発電で設置費などの元が取れるまでどれくらい?

太陽光発電システムを導入したと考えて、それにかかった全ての費用を回収出来るのにはどれくらいの期間がかかるのでしょうか?このシステムの導入といったら、高額であることは察しがつきますし、長期的にかかるコストも気になります。

一般的にいわれている、回収年数は平均して約15年~20年と言われ、日中は、たくさん発電させつつ、節電に励み、自家発電しない夜間は更に節電意識を高め電気の利用を節約させる事に励んでいれば、費用回収の年数が、5年~10年短くなるという事も大いに考えられるのです。

ここでポイントになってくるのが、導入後、いかに電気を上手に、節電を上手にしていくかで、費用回収年数が変わってくるという事です。

光る白熱球とソーラーパネルありの家の模型

そして、たくさんある電気料金プランとして、深夜電力を安く、昼間の電力を高くするというものを選択したり、オール電化にして、そこでお得になるようなプランを選択するといった、電力会社との契約内容でも回収年数は変わってきます。

もっと具体的に回収年数を知りたい人の為には、今は、シュミレーションソフトというものが存在し、そこで計算できて年数を出せるようで、便利な事に、インターネットの環境があれば、検索し、このソフトをダウンロードして使えるそうなので、回収年数が出せる良い方法の1つであるかと思います。

導入を考えている方は、是非、見積もりを取ると同時にこの回収年数も頭に入れて、確認しておく事が大事なのではないかと思います。

どれくらいの耐用年数があるのか

太陽光発電システム設置に関して理解しておくといい言葉に、「耐用年数」があるのですが、これは、減価償却を対象として、その資産がどれくらいの年数利用可能か、という意味になります。

この減価償却資産をかかった費用から適正に分配するための年数となり、この年数が長くなれば、費用は小さく、短くすると大きく(1年あたりでの場合)なります。

節税の効果を重視するのであれば、耐用年数は短くしたいもので、長くなってしまうと、経費にも影響がかかってしまいます。

太陽光が反射しているソーラーパネル

自家発電によって売電が出来ると、それが収入とみなされ、利益がある間は発電事業となり、事業収益があるとして、申告する事も可能なのです。

今は、法定耐用年数が9年と定められているのですが、一昔前は17年と言われていたので、これらを比較してみれば、一目瞭然、減価償却出来るのであれば、17年でも十分、9年ですら、ほぼ赤字になってしまうことでしょう。

という事なので、太陽光発電システム導入した事によって赤字事業を抱えていると考えられて、その事によって、生活をしていくのにかかってくる、住民税であったり、国民健康保険、介護保険料なども減らしていけることへと繋がるのです。

退職金を原資と考え、太陽光発電システムの同導入を試みている方(事業ではなく個人)は、これによって減価償却し、公的負担増に耐えていける家計に関する経済的構造に役立てていけるかもしれないという事を知っておくことも大事かもしれません。

ピックアップ記事

  1. ソーラーパネルが設置された二階建ての一軒家
    太陽光発電を導入すれば、出来るだけ長持ちさせたいと思いますよね?そこで、気になるのが、耐用年数という…
  2. 太陽光発電のイメージ
    太陽光発電システムの導入、設置にかかる費用は、細かくは分りませんが、膨大な金額になる事くらいは分かる…
  3. 白い屋根に設置されたソーラーパネル
    太陽光発電システムの設置にかかる全体費用を考えると高価なものですので、設置した限りは、元を取りたいと…
  4. 草が生えたスペースに設置されたソーラーパネル
    太陽光発電システムを購入するとなれば、多額費用が必要となります。だからこそ、出来るだけ長持ちさせたい…

カテゴリー

アーカイブ

リンク一覧

  • スキンダック https://www.nacsampeda.org/omonasyurui/
  • PAGE TOP